再発性多発軟骨炎(RP)

再発性多発軟骨炎は全身の軟骨に炎症が繰り返し起こる病気です、慢性的な炎症が同じ場所に起こると軟骨が変形したり、消えてしまったりします。

炎症は、耳、気道、目、鼻、関節等に発生します。

また、炎症が起こっている場所には激しい痛みが伴います。

原因は不明です、40代~60代での発症が多く、性別は男女比1:1です。

患者数が少なく、日本全国で400人~500人と推定されています。

世界的に珍しい症例ですので研究が進まず、病気に対しては対処療法が主な治療法になっています。日本の研究機関では京都大学が有名です。

​※京都大学の研究報告は下をクリックしてください
​※難病情報センターの再発性多発軟骨炎紹介ページを下をクリックしてください
​※再発性多発軟骨炎の患者会のHPは下をクリックしてください